2017.10 赤ちゃん返りか?

イヤイヤ期、何を言っても反対する時期がありませんでしたか?

食事を見た途端
「イヤ!食べない」
「じゃあ食べなくても良いよ」と言うと
「イヤ!食べる!」
「じゃあどうぞ」
「イヤ!やっぱり食べない!」
どっちやねん!

こんな事ばかりでした。
本日のマリは久しぶりにこんな感じ(^^;;

「数学のこの問題教えて」
「どれどれ?『整数nを二乗して4で割ると…』だから整数nを4aプラスゼロ、イチ、二、サンとおいて…」
「なんで?!なんで4の倍数で表すの?」
「だって4で割るから…」
「なんで5の倍数ではダメなの?」
「だって4で割るし…」
「そこが分かんないの!!」
駄々っ子か?
仕方なく
「じゃあ5の倍数で作っても良いよ。どうせ5の倍数を4で割ってもあまりがゼロ~サンだから余計な手間がかかるだけで出来るから」
「じゃあ4でやる」
「5でやれば良いのに」
「イヤ!」

ご機嫌斜めなので相手にするのを止めて部屋を移ると追って来て
「もう寝る!」
「どうぞ」
「でもお風呂入ってないよ?」
「風邪気味だし寝て良いよ」
「イヤ!お風呂に入る!」
「じゃあ入れば?」
「でも勉強しない!」
「良いよ。風邪気味だし」
「イヤだ。勉強しないと寝れない」
「良いよ、寝ても」
「イヤだ!」
と言ってお風呂に水素がたまるまで(約30分)勉強してました。

なんだか赤ちゃん返りのようです。
本日は部活で合同コンクールがあり途中から暴風警報が出ても最後まで行われました。
解散場所と時間が未定だったので迎えに行けず、駅までついたときは全身びしょ濡れ(>_<)周りの人の傘が裏返ってるのを見てさすのを諦めたそうです。

風邪気味だったしこじらせる前に寝ても良いと思ってたし、意地悪を言った訳でもないのに。
なんだか赤ちゃんの頃の反抗期を思い出しました(^^;;

ちなみにユリも反抗期がもちろんあったのですが、赤ちゃんの頃は言葉が遅くておっとりした子だった為
「イヤにゃ~」
「しないにょ~」
とニコニコしながら反抗してました(≧∇≦)
あまりにあどけない様子に
「そうなん?イヤにゃにょ?」などと言って家族みんな可愛い可愛いと接していて、いつから反抗期が起こりいつまで続いたかも記憶にありません(笑)
こちらは懐かしくてもう一度あの頃のユリを見たいなー。
マリはこりごりなんですが(´∀`*)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2017.10 ユリから見た母

実はユリもブログを書いています。
マリに対する不満をコミカルな文章にすることにより昇華する目的です(≧∀≦)

台風で予定が潰れたユリは昨夜黙々とブログを書いていたようです。

今朝覗くと
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

お久しぶりですヽ(*´∀`)ノ
最近テストという大きな壁にぶつかり更新ができませんでした(´・ω・`)
今回は母の話
姉は基本的に電子辞書(相棒)を使っているのですが、紙辞書を使った方がいいんじゃないか?という母の提案で紙の英和辞典をペラペラめくっているとふと気がつくことが。
impossibleという単語が辞書から消されていたのです!上から塗りつぶしてあるので明らかに故意的(´°д°`)
お分かりいただけたでしょうか。impossibleは不可能という意味→辞書から不可能を消す⇒「余の辞書に不可能の文字は無い」 ナポレオンさんの言葉ですね!
辞書の持ち主である母によると
「私の世代はみんな消す」とのこと。
そんな世代があるんですね...(;`ω´)ゴクリ 未知の世界です((( ;゚Д゚)))
そんな母からの教え、皆さんも是非!
『辞書を持ったら名前を書くより先に不可能を消すべし』
まぁ、私は多分忘れてしまいますけどね((´∀`))
...どうでもいいけどナポレオンさん結構イケメンですね(*´Д`*)


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
母について書いていました((((;゚Д゚)))))))

私たちの時代中1で初めて辞書をもらった時
「とりあえず『不可能』は消す!」
がお約束ではなかったですか?
ちなみに国語辞典なども消していると思います。

が、マリに
「高校で買ったジーニアスも不可能消すんだよ」
と言いましたが
「絶対にイヤ」
と言われました(´-`).。oO

ユリの中学は電子辞書なので消せません。
時代かな~

にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

2017.10 中2が先に進路を決める

最近は高1のマリの進路の話をよくする我が家。
中2のユリは黙って聞いています。

ふっとユリに
「ユリは文系と理系だったらどっちを選ぶ?」
と聞くと
「文系」と直ぐに返答あり。

数学と理科が苦手で国語が人並みなので迷いなく文系のようです(^^)
「進みたい進路とかあるの?」と聞いたところ
「調理師免許をとりたい」ですって!

そうなん!?
知らなかった~と言うと最近テレビでお笑い芸人が調理師免許を持っていると割とよく聞くし、
「昔から男性の胃袋を掴めって言うでしょ?料理を勉強して男性の胃袋を掴むわ」
との事(≧∀≦)

ユリは勉強が苦手だし大手に就職したいとか、たくさん稼ぎたいとかの欲もないらしく、そこそこ稼ぐ男性と結婚して生活安定をはかるつもりとのこと(^^)
一人では生きて行けなくても二人併せて生活出来たら良いと言う考えらしく、一応資格を考えてみたら調理師が一挙両得と思ったそうです(*´꒳`*)

大賛成です!
ユリは私が仕事で遅くなりそうな時、土曜のお昼なら素麺茹でて待っててくれるし、日曜日に私がダラダラしていると卵焼き焼いて冷蔵庫にある物を適当に出したりソーセージ焼いたりして朝ごはんを作ってくれます。
マリは案外こう言う事が面倒で(頼んだ時はしますが)1人だけだと作るよりは食べない方がマシだからとお昼や朝を抜きます。
マリは
「結婚せず自分の稼ぎを好きに使って生活したい」
「家事がしたくないから稼いで外注する」
「結婚するなら稼ぎは悪くても家事をメインでしてくれる主夫を探す」
と結婚には否定的。
なんかネットでもこんな意見をよく見るわ~って言うひねくれた発言に聞いていると気が滅入ります(-_-)zzz

早速調理師免許の取り方を調べてみると、案外調理師免許よりも栄養士免許の方が良さそうです。
大学を探すと上から下まであります。

うん。もしもの時はどこかに滑り込めそうです(〃ω〃)
就職は…給食センターになるのかな…?
(大学レベルにもよるのでしょう)

その話を主人にしたところ
「栄養学部って文系なん?」
と聞かれました。
確かに食品って文系よりも農学寄りで理系??

ん??
もしかしてユリが言っている学部ってマリに最近考えていた食品関係!(◎_◎;)
実は同じ進路を別方向から見ているって事かな!?
では理系なのか!?

慌てて調べると私立でも受験科目が理科2個!
理系か!(◎_◎;)と思ってよく見ると『理科基礎』2個または理科1個のようです。
良かった(^^)v理科基礎の話をコメントで教えてもらっていて(^ ^)

それでも受験科目は英語と国語と理科なので(私がたまたま見た近所の大学ですが)理系寄りという事かもしれません_φ(・_・
(…でも国語があるから文系なのかな?)

*マリへと調べていた食品関係は偏差値がもっと上で農学系をメインで調べていたのでそちらは普通に理系です

とりあえず。ユリの文理選択時はマリのように悩む事がなさそうで良かったです(≧∀≦)

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

2017.10 それでも物理を選ぶ

スマートウォッチを買いました(*´꒳`*)
先日町内運動会に参加し、周りの同世代の腕に時計。
聞くとスマートウォッチ。
値段はピンキリ_φ(・_・

元々は買い物に出た時直ぐに行方不明になる主人に電話やメールに気がついて貰う目的でした。

お揃いで購入して数日。
仕事中にLINEなどのお知らせがちょっと読めるので便利です(≧∀≦)

昼前後に届くLINEは大抵マリ。
テスト返却がある今週は毎日毎日LINEで報告(^^;;
『物理、死』
『衝撃的自己最低点更新』

これがしばらくの間チカチカと手元で光ります(-_-)

そして生物が返却された昨日。
『ママのお陰!神!神!』
『平均点あった!自己最高点!』

るんるんのLINEです。
帰宅して「生物なら最低限くらいは教えてあげられるよ?物理は全く分からないから無理だけど。選択は生物にしたら?」
と聞きました。
が、
「物理で」
と返答。
意思は固いようです。

塾の先生たちは物理は教えられるけれど生物は教えられないそうです。
マリの塾は1時間講義を受け次の1時間は講義内容の復習を1人でするのですが、その時に1人の先生がやって来て
「〇〇高校だよね?僕もそこの卒業生なんだ。懐かしいな。何か分からないところあれば教えるよ?」
と言われて自己最低点の物理のテスト直しを見てもらったところ、物凄く分かり易かったそうです。
中学レベルまで戻って基本を確かめてそこに上乗せするように教えてくれたそうです。
「僕はいつもこの時間は空いてるからいつでも言って」と言われたので、これからはその先生に物理を見てもらえるから物理選択で行けるそうです。

どうなんだろう…
物理をとったらますます苦労すると思うので無理にでも生物を勧めたいんだけど。自分で決めないと後々揉めるかな…

パパの会社を継ぐ気なんだろうか?
でもその話をパパにしてみたところ、
「マリはメンタル弱いから自営は無理だと思う。僕くらい寝て忘れるタイプじゃないとやって行けれないと思う」
と言われました。
確かにそうなんです。
なんと言っても自営は安定職ではありません(>_<)
大手でも最近は難しいのでしょうが、うちは中小(正しく言えば小(^^;;)。
実は半年前。取引先が経営が立ちいかなくなりドタキャンされました。
大規模な仕事で一年分くらいの儲けのある仕事でした。
半年間他の仕事は断り、発注して材料も確保。
そこへ来てのドタキャンΣ(゚д゚lll)

大手だったのでドタキャンは周りの知るところとなり、下請け業界の人も同情して返品できる品は全て引き取ってくれて、返品の難しいものも原価で請求してくれました。
それでもかなりのダメージは避けられません。
因みに一社だけごねられ、初めて訴訟を起こされると言う経験もしました(^^;;

主人は内心はひどい状態だったと思いますが普段通りでした。
今までの売り上げで会社は倒産まではしませんが主人の給料は半減!(◎_◎;)
私も働けるし、自営のリスクは理解していたので教育費の確保はしてましたが、その頃のブログにはお金の愚痴がポロポロあったかと思います(笑)

他の仕事は断っていたので全く仕事がない状態となりみんな慌てて仕事を求めて飛び回ってました。
やっとその努力が実りそうなこの時期に、選挙で政治が止まっているので取引先も保留状態となってしまいました。
笑えない状態ですが、主人はいつも通りに優しくて笑って過ごしてます。

確かにこんなピンチ来たらマリには無理かも~(>_<)
生物を選択して手堅く大学を選んでパパの仕事はあきらめて欲しい…

好きなのも生物だと思うのに、なんでそんなに物理にこだわるのか…
口を出さずに見守ってますが、2年後に
「やっぱりねー」とか意地悪言いそうです(^^;;

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村

2017.10 ELCAS

うちの子には関係のない事ですが、
ELCASと言うのをご存知でしょうか?

京都大学で行われている最先端科学の体験講座です(*^ω^*)

夏に選抜試験が行われ、選ばれた子ども達が半年間京都大学で学ぶことが出来ます。

マリはそんなものがあった事も知らず、選抜1次試験の日、友だちの多くが
「テスト憂鬱」とLINEなどで呟いて、なんのテストだろう不思議に思っていたところ合格発表の日に落ちた子、受かった子の話を聞いて初めて
「そんなものがあるとわ!!(◎_◎;)」と驚いたそうです。

周りに2次試験も合格し、毎月通っているお友達が数人います。
その子たちは将来に向けて明確な目標が出来たらしく、キラキラと夢に向かって進み始めた様子。
理系志望だったお友達が、法学部にも興味を持ち見事ELCASに受かり、志望変更して法学部を目指すとか、本当に重要なターニングポイントになったようです。
(法学の受講自体はこれこらスタートするそうですが、その前にも講義を何度か聴講しているそうです)

他の高校の子にも多く出会えるようで、本当に世界が広がっているようです。
(それも優秀な子たちの世界が(≧∀≦))

うちの子にはご縁はありませんが、同世代がこんな取り組みに参加しているのは素晴らしいなって思います。

*ここまで別世界だと羨ましいとさえ思う事なく素直に頑張れ~と応援出来ます(*´꒳`*)

知らないことによりチャンスを逃す子がいたら残念なのでブログに書いて見ました。
次の申し込みは来年なんですけれど(^^)/~~~

にほんブログ村 子育てブログ 高校生の子へ
にほんブログ村